高年齢や喫煙者病気のある人は必ず相談しましょう

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Share on reddit

次の人は、ピルの使用はできません。
・35歳以上で1日15本以上のたばこを吸う人
・乳がんや子宮がんになっている人
・血栓症を起こしたことがある人

また、高血圧・糖尿病の合併症のある人や40歳以上の人は血栓症のリスクが高くなるので、飲むときには注意が必要です。たばこをたくさん吸う人で40代以上の場合は、循環器系疾患の危険が高くなります。ピルを使いたいときは、禁煙をして、しっかり医師にも相談しましょう。

ピルを飲むには、処方せんが必要です。初めての人は、体調の気になるところもきちんと伝え、医師に相談しましょう。飲み始めてからなにか気になることがでた場合も、病院で経過を知っていてもらうと安心です。

性感染症を防ぐにはピルとコンドームの両用を

覚えておきたいのは、妊娠は防げても、性行為から感染するあらゆる病気(エイズや梅毒、クラミジア感染症、B型肝炎など)は予防できないということです。

ヨーロッパでは、妊娠を着実にさけるために女性はピルを使用し、性感染症を防ぐために男性はコンドームを利用する「ダブルタッチメソッド」が提唱されています。この方法だと、女性主体に避妊ができると同時に、感染症も防げます。

お互いが傷つかない、幸せなおつきあいを続けるためにも、きちんとした意識をもって避妊を行いましょう。お互いに安心して身をゆだねられる愛の営みを行いたいものです。ピルに対してきちんとした知識をもち、使用法を間違わずに利用することで、二人の関係を大切に育ててくれます。

Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Share on reddit